過払い金請求 クレジット カード

過払い金請求 クレジット

クレジットカード会社(信販会社)への過払い金請求を行う事は、キャッシング利用分については可能な可能性があります。

 

これは、それぞれの契約条件を確認しておかなければなりませんが、グレーゾーン金利で契約している場合(大抵の場合は、ショッピングで利用したいのでクレジットカードを作るケースが多いので、キャッシング利用については把握していない事が多いので、約款を見るのが一番です。)に、過払い金請求ができますが、1つ注意が必要です。

 

それは、過払い金請求を行った信販会社のクレジットカードが解約になる可能性が高い点です。

 

もし、メインカードとして引き落としなどで使っている場合は、気をつけた方が良いでしょう。

 


過払い金請求 クレジット ショッピング

続いて、クレジットカードのショッピングについてですが、これは過払い金請求はできません。

 

そうは言っても、過払い金請求を行う際に行われる取引開示の手続きは、クレジット会社相手でも可能ですので、まずは気になる場合や債務整理を検討する場合は、開示手続きを行うと良いでしょう。

 

また、消費者金融などで過払い金請求を行った場合ですが、最終的には信用情報は、完済報告として報告する事になりますので、新しいクレジットカードを作成する場合でも、審査に与える影響は少ないと思われます。
※ただし、審査に通るかどうかは別の話です。

 

いずれの場合も、クレジットカードには、キャッシング機能とクレジット機能の2つがあり、別々のものと考えて検討されると良いかと思います。

過払い金請求 クレジット デメリット

最後にクレジットカードのキャッシングについて過払い金請求を行った場合に、デメリットがあるのか?についてまとめました。

 

まず、考えられるデメリットとしては、先程も触れましたが、クレジットカードの解約です。もし、解約して困るカードに過払い金請求が可能な場合は、冷静に判断した方が良いでしょう。

 

また、過払い金の返還についてですが、クレジットカードでカード払いしている場合の「立替金」があれば、その金額と相殺した上での返還となりますので、この点は抑えておきましょう。

 

あと、もう一点ですが、信用情報の報告についてですが、異動情報(=事故情報)で、債務整理の情報が登録された時点で、クレジットカードの利用停止などの措置を取る可能性があります。

 

最終的には、過払い金返還後に完済報告と変わりますが、それまでの期間はカードが使えなくなる可能性もゼロではないという事ですね。

 

以上、過払い金請求とクレジットカードの関連情報でした。

 

過払い金請求 クレジット トップへ戻る