お金がない 乗り切る

私はカードローン、住宅ローンなどの借財を持っています。給料減で生きていくのも非毎日きついのだけれども、この春にまた負物せざるを得なくなってしまいました。息子が高校に進学したのです。授業料は就学支援金で返せるのでまだいいのしかし、制服や体操服、教科書などに約20万円ぐらいかかるし、また入学してからもPTAの参加金やら修学旅行、卒業アルバムの積立金やらで年間7万円ぐらいは欲しいので、凄くお金の出せるところがなかったのです。多くの現金が必須になって、どうしよう、そんなにいきなり用意できないよ‥と落ち込んでしまいました。

 

そのような時に送られてきたクレジットカードの明細を見て、キャッシングというサービスがあることを知りました。カードを持っていれば即現金を振り込んけどらえるということで、早速頼みました。あのときキャッシングを知らなければ、今頃はどうなってたのでしょうか。クレジットカードは悪用されると怖いので、親族とはいっても貸してはいけませんね。だけれどもたった数時間でキャッシングサービスに申し込めて、振り込んとはいってもらえるというのは、私が急場になった時に助かりそうですね。ちかごろ引き落としなのに口座に預け入れる時間がないとかそんなときたま、間に合わせにキャッシングを頼って私の代理で振り込んでおいてもらう、というような使用仕方もできそうです。

 

振込手数料が無料のところもあるようですから、直ちに返済しておけばまったく赤字にはならないし、便利ですね!昔借財を何度もしたことがありました。現金ではなくてカードローンですごく多くて50万円でした。返す時は、最初はそうしかしなかったでも最後の方は非常に辛かったです。どうしても自身の力だけでは返済が辛い時は、親に一旦援助してもらって何とか返済をしていました。もちろん、期限を超えてしまう時もあり、冷や汗モノになることもありましたが何とか乗り切って、全額返すことができました。

 

 

キャッシングは便利ですので、金額がないときにも手軽に値段を借りれてしまいます。そうしていくうちに、価格がないときは我慢しようということが今まではできていたのに、その感覚が段々と薄れていき、価格がないときだけれども我慢しないでに使ってしまうようになります。1度失った感覚はずい分取り戻せません。気付いたときには、自分の返済額が増えていて後悔するものです。

 

使い方を計画的に行うように広告などで言うのはこのようなケースがあとを絶たないからです。キャッシングはかなり有益しかし、私の活用できる範囲内で計画的に利用することが不可欠です。同棲し始めに生きていくの費が不足したため自分のクレジットカードでキャッシングをしたことがあります。負物は利息を含め、60万円ほどになりました。具体的な用途は、両親の反対を押し切って2人でやっていくのをし始めたため、急な暮らし費や家財道具が必要不可欠となったためです。もともとの貯金だけでは足りず、彼わたしも金融ブラックでしたので自分の名義でクレジットカードを作成し、応用することとなりました。