cfj 取り立て

cfjからの取り立ての概要

 

cfjから取り立てを受けたとき

 

私の利用しているキャッシングは、もともとは別の会社からの借り入れをしてましたが、途中で合併して現在のcfjの債権になっています。

 

普段は口座からの引き落としなので、預金の残高だけ気をつけていればきちんと払うことができていましたが、先日忙しさにかまけていてすっかり支払いを忘れていました。

 

タイミング悪く、携帯電話も故障して使えなくなっていたので、cfjにしてみれば悪質な債務者という判断が下されたようです。割と厳しい文面の請求書が届きました。

 

元々滞納するつもりはなかったので、郵便が届いたときにすぐに連絡を入れて振込みをしましたが、同じくcfjから借り入れをしていて逃げ回っていた友人は、最終的には訴訟という形で取り立てをされてしまったそうです。

 

 

昔は大手の消費者金融でも、悪質な取り立てをしていたところがたくさんあったそうですが、今では行政処分によるリスクの方が大きいため、比較的紳士的な請求をするところがほとんどだそうです。

 

どうしても取り立ての対応をしたくないというときには、弁護士や司法書士などの法律の専門家に依頼をして、代理人になってもらうという方法もあるそうですので、知人には相談に行くように伝えておきました。

 

自分で連絡を入れたときには、それほど厳しい態度はとられませんでしたし、事情を説明して連絡が取れなかったことの誤解は解けましたので、それほど取り立てが怖いという感覚はありませんでした。

 

 

しかし、知人の話では今でも違法行為を行っている小規模な業者がたくさんあるようですので、借入れをするときには大手や信頼されているような業者を選び、返済もきちんとしておくに超したことはありません。