過払い金返還請求 実績日本一に選ばれました!

杉山事務所

週刊ダイヤモンド誌で「消費者金融がもっとも恐れる司法書士」として取り上げられているのが司法書士法人 杉山事務所です。

 

東京、大阪、名古屋、福岡、広島、仙台に事務所があり、全国対応、メールや電話で無料相談も行っています。

 

杉山事務所の公式サイトで特筆すべき点が、消費者金融別の特徴や過払い金交渉の傾向などを公開している点が評価すべき点です。

 

 

例えば、武富士については、会社更生法の手続き中で、再生手続の上で返還されるが、返金予想率が5%程度の見通しとしています。
(第1回目の弁済率は3.3%でしたので、少し高めの数値ですが、確証ではありません。)

 

 

また、プロミスやアコムの場合は、両者とも銀行系消費者金融となるので、資本力があるため、積極的な交渉を行っていく傾向にあります。さらに訴訟となっても、第一回期日を迎えるまでに好条件で和解の提案がある事もありますので、過払い金請求は徹底的に行う姿勢のようです。

 

最後にアイフルについては、ADRで事業の立て直しを図っている途中(とは言え、決算を見るとなかなか好業績にも見えるのですが・・・)となっているので、減額交渉が予想されるとの事です。

 

 

ほかに中堅消費者金融なども、資金繰りが厳しいため、減額交渉が予想されています。その中でも日本一の実績を誇るのですがから、交渉力や事務所方針が影響しているものと思われます。


過払い金返還請求 利息

さらに忘れてはいけないのが、過払金返還請求をする際には、遅延損害金を請求する事も忘れてはなりません。

 

グレーゾーン金利と利息制限法の差額で払い過ぎた利息をどんどん計算し、元金に充当していきます。

 

そして、元金がマイナスにになった分が過払い金になるのですが、このマイナス分に対して不当利得に対する損害金をつける事ができます。利率としては、5.00%なのですがこの分も返還額に入ってきますので、杉山事務所さんは、しっかり交渉しているものと予測されます。

 

いずれにしても、しっかり返還される分は取り戻すこと。

 

この気持だけは、忘れないようにしましょう。