過払い金請求の期限 消滅時効

過払い金請求の期限

過払い金請求の期限が気になる、時効が気になるのは、CMの影響もあるかもしれません。

 

最近、大手の司法書士や弁護士事務所のCMを頻繁に見かけますが、「過払い金請求ができるのは10年です。」という言葉をご覧になられた事がありませんか??

 

まさにそれが、消滅時効と呼ばれるもので、消滅時効は民法に条文として制定されています。

 

消滅時効とは、「一定期間行使されない場合、権利を消滅させる」事で、過払い金請求に関して言えば、10年間請求しなければ権利がなくなるという事です。

 

ここで問題になるのが、どの時点から計算しての10年なのか。という点です。

 

過去に貸金業者との間で争われてきましたが、現在のところ大体のケースで判例が出ているので、争いも少なくなってきています。今では、取引最終日より時効の進行が始まると言われています。ここでは、それぞれの個別事案について簡潔にまとめてみましたので、参考にして下さい。


過払い金請求の期限 取引

続いて、過払い金請求の時効や期限と関係するのが、取引の連続性と、いつ時点から進行するのかをまとめました。

 

まず、取引が連続している場合、(一度も解約や完済もない場合)は、最終取引日からの時効の進行となります。よって、取引一回、一回に対して時効が進行するわけではありませんので、10年、20年と連続して取引が続いていても、時効になる事はないでしょう。

 

もちろん、特殊事項や個別で争われるケースもあるので、詳しくは専門家に確認するのが望ましいと思われます。

過払い金請求の期限 一度完済

上記のとおり、消滅時効や取引の連続性など気になる事はたくさんあるのですが、一度完済したり取引が途切れが場合にどうなるのか?についてまとめました。

 

結論としては、「取引の分断を主張されるケースがある」という事です。

 

詳しく書くと混乱をしますので、簡潔にまとめますと、契約の途中に第一取引と第二取引と分けて、それぞれ個別の時効を進行させます。この場合、第一取引が古い場合に時効が進行してしまうので、場合によっては、過払い金請求ができなくなってしまう事があるのです。

 

何にしても過払い金請求を行うのは早めが良いかと思います。時効を気にして焦って手続きを進めるよりも、余裕を持って手続きを進めるためにも、もしあなたが過払い金を請求したいと考えている場合は、まずは専門家の意見を聞いてみる事から、早急にはじめてみてはいかがでしょうか??

 

そのために必要な知識などは、当サイトでも随時更新していますので、参考にして頂ければと思います。

 

過払い金請求の期限 トップへ戻る