任意整理 無料相談 借金返済

任意整理 無料相談

任意整理とは、債務整理の一種で、厳密に言えば過払い金請求も任意整理の一種と言えます。

 

しかし、任意整理の場合は、過払い金請求のように残債務が残らないのではなく、残債務が残って将来発生する利息をカットするなど和解契約を結び、借金返済を助ける手段と言えます。

 

また、任意整理と呼ばれるのは、裁判所などの法的な機関が干渉せず、弁護士や司法書士と言った代理人や本人と各債権者の話し合いによって、借金整理が行われる事から、そのように呼ばれているのです。

 

任意整理のデメリットについて
信用情報の登録について

任意整理が行われると、各債権者は指定信用情報機関へ「異動情報」と呼ばれる事故情報(=ブラック情報)を登録する事となります。
※この異動情報が報告されると、各種ローン、クレジットカード、キャッシングなどの審査に影響を与える可能性があります。

 

費用面での負担について

任意整理は、弁護士や司法書士が介入して行う場合は、大体の法律(法務)事務所が、一社あたりの基本報酬を定めています。
※件数が多ければ多いほど、費用が発生します。

 

過怠約款について

さらに、任意整理で和解しても、ずっと利息がつかないというわけではなく、「過怠約款」と呼ばれる、約束事が定められています。

 

この過怠約款を破り、返済期日の遅れが続くと、「期限の利益」を喪失します。
※期限の利益を喪失すると、一時に支払するか、遅延損害金をつけて返済を行う事となりますので、注意が必要です。

 

※期限の利益とは
約束した期限が来るまでは、返済しなくてもいいという債務者の権利。

 

一定期限の中で分割返済できるという権利でもあり、債権者はこの権利を債務者に与える代わりに金利を取ることができる。

 

 

上記のように任意整理はメリットばかりでなく、デメリット面もある事は忘れないで下さい。しかしそうは言っても借金返済を進める方法の1つです。過払い金請求などと同じように、弁護士や司法書士、また全国の市町村の相談機関で無料相談を行えるように、多重債務相談にも国を挙げて注力していますので、安心して相談をしてみると良い提案が頂けるかも知れません。

 

まずは、借金返済の第一歩は、「一人で悩まず、相談をはじめるところから」です。

 

あなたの未来が少しでも拓けますように、当サイトの情報がお役に立てればと思います。


任意整理 無料相談 全国対応

次に任意整理を行うにあたり、代理人にお願いする選択をした場合に、一番最初に行う事は「事務所選び」になります。

 

法律(法務)事務所をどこにするかは重要で、面会などによる無料相談もありますので、最寄りの事務所に相談するのも良いでしょう。

 

ただ、実績や経験が申し分ない、信用できる事務所を選択される場合は、全国対応をしている事務所の中から選ぶという事も、1つの手段と言えます。

 

このあたりは、あなたが望む条件で上手に検索をしてくと良いかもしれませんが、当サイトでもそのあたりのヒントとなる情報もあるかと思いますので、活かして頂ければと思います。

任意整理 無料相談 金請求

最後になりますが、任意整理をはじめとする債務整理ですが、どの手法でも代理人にお願いすればお金を請求されます。

 

これは、最終的には、成果報酬という形だったり、基本報酬という形での請求となりますので、初期費用がかからないと言っても、すべてがタダというわけではありません。

 

それでも、任意整理を通じて、借金の減額や将来利息のストップなど、メリットある和解ができれば、借金返済が進むことは間違いないでしょう。

 

ぜひ、1つの手法として認識頂き、あなたの借金返済のお役に立てる手法である事を願っております。

 

 

借金整理、債務整理各種の手続きの法律(法務)事務所選びでお悩みの方は、当サイトのトップページも参考にしてくださいね。

 

任意整理 無料相談 トップへ戻る