任意整理住宅ローン審査

任意整理や債務整理をすると、信用情報で事故情報(=異動情報)が出てしまいますので、ローン関係の審査に通りにくいと言われています。

 

この信用情報は、本人の返済能力を調べるための重要な資料で、住宅ローンの際には、JICC(日本信用情報機構)、CIC(信販会社関連)、KSC(全国銀行個人信用情報センター)の3つで最低限情報を照会し、あなたの借入情報を調べる事になります。

 

そのほかに、あなたの収入情報、家族構成や勤務先などの属性情報を確認して、住宅ローンの審査やローン関連の審査が行われるのですが、異動情報があると、将来的な返済能力に不安があると判断される可能性があり、その判断は残念ながら審査に通らない可能性があるといっても良いものになってしまいます。

 

では、それでも住宅ローンの審査に通る方法はあるのでしょか?

異動情報が出ている間は、残念ながら審査に厳しいと思っていて下さい、ただし5年ないし7年の間で情報は消えますので、それらが消えれば元通りの情報となります。

 

時が解決するというわけではないですが、あながちこのセリフがぴったり当てはまるのかも知れません。

 

信用情報の登録状態

任意整理の場合は、手続き中であれば入金をする事はありませんので、長期未入金という情報となります、そこから整理手続きの方法によって変わりますが、任意整理、自己破産、民事再生、特定調停などの情報があります。

 

あとは、自分で手続せずに、司法書士や弁護士が仲介する場合は、司法書士介入、弁護士介入の異動情報が報告されている事になりますので、任意整理を行う場合は、覚悟しておきましょう。

 

ただし、過払い金の請求に関しては、例外です。

過払い金は、債務者の元々主張できる権利と言っても良いので、信用情報が異動情報で登録される事はありません。

 

当サイトでは、過払い金の請求にあたり、法律(法務)事務所選びのお手伝いとして、過払い金請求 法律(法務)事務所 ランキングをオススメしていますので、参考にして下さいね。
(もちろん過払い金だけでなく債務整理各種の相談も可能ですので、有効な情報かと思います。)

 

任意整理住宅ローン審査 トップへ戻る